【祝着】現品限り 正絹 " 絽 " 熨斗目 のしめ 男の子用 (兜A)【レア品です!】 [W3-038-03]

【祝着】現品限り 正絹 " 絽 " 熨斗目 のしめ 男の子用 (兜A)【レア品です!】 [W3-038-03]

商品詳細

※現品限り! 【祝着】現品限り 正絹 " 絽 " 熨斗目 のしめ 男の子用 (兜A)【レア品です!】

夏用の熨斗目(のしめ)としてで作られた商品です。
生産数が極端に少なく、とっても珍しい商品です。
※この商品には長襦袢と帯が付属しております。

[注意]
水濡れ・汗・摩擦で色落ち・色移りをする可能性があります。
お手入れはドライクリーニングを推奨しております。
《お宮参りののしめの柄》
 男の子のお宮参りの着物・熨斗目(のしめ)に使われる柄のほとんどが"鷹(タカ)""兜(カブト)"です。(8割近くの着物・熨斗目(のしめ)がこのどちらかの柄となっています。)
双方の柄共に、子供の成長等を願うおめでたい柄となっています。

・鷹柄
 鷹についてまず注目されるのはその"眼"と"爪"です。鷹は大空高く舞い上がり、地上の小動物を見つけ獲物とします。
はるか先まで見渡せるその眼を千里眼になぞらえて"先を見通す眼力""もの事の本質を見抜く眼力"を持って欲しいという願いが込められています。
また獲物をがっちり掴むその爪は、幸運をしっかり掴んで離さないという意味を表しています。

・兜柄
昔から一家の長たる男の子には、出世や大成を望まれてきました。そのためにはもちろん丈夫で健康であることが前提です。
大事な頭部を守る兜は着物に描かれることにより、邪気や災厄からも男の子を守り、元気な成長を願うお守りとしての役目を果たすようになったとされています。
豪華な飾りのある兜は権威や地位の高い物にのみ許されます。
そんな兜を身に着けられるような人生を願い、大きく勇ましい兜が描かれています。

商品仕様

素材 着物:絹 / 長襦袢:ポリエステル
寸法 身丈:約98cm / 裄(ゆき):約46cm / 袖丈:約56cm
仕様 長襦袢・帯付属
原産国 日本製

販売価格: 販売価格は会員のみ公開(税別)



ウエダウェブ会員登録


 ウエダウェブの運営会社上田嘉一朗商店公式LINE始めました!
 新商品のご案内や割引クーポンを配布しています♪
  ⇓ ⇓